虎ノ門にある一流ホテルで洋食も楽しめる!東京観光するならバスツアーがおすすめ!

ホテル8

これからバスツアーで東京巡りを検討している方はいませんか?初めてバスツアーを利用する方はもちろん、地方から東京へ来る方にとっても、実際のコースやツアーのイメージがよくわからずに、不安を感じている場合もあるかもしれません。

そこで、ここでは大手バス会社の観光ツアーをモデルにしながら、どんなスポットで何を楽しめるのか、詳しく紹介していきましょう。

東京駅丸の内南口からスタート!

東京駅といえば、国内を代表する中央ターミナル駅であり、東京の表玄関でもあります。ここの丸の内南口からバスツアーが始まりますが、バスに乗る前に、駅の周辺や構内をちょっと散策するのもいいかもしれません。というのも、この東京駅そのものが、都内でも有数の観光スポットだからです。

明治時代を代表する建築家の辰野金吾によって設計された、重厚な赤レンガの駅舎は見応え抜群。また構内に入ると、ドーム天井の美しいレリーフや、開業当時から残る貴重なホームの支柱。あるいはC62-15型蒸気機関車の動輪が展示してある、丸の内地下北口広場など、駅全体を博物館のように楽しめます。

もし時間に余裕があるならば、駅舎内に併設された美術館「東京ステーションギャラリー」へ立ち寄ってみましょう。東京駅の歴史を体現する煉瓦壁の展示室には、鉄道に関する展示物はもちろん、古今東西あらゆる美術作品の企画展示も充実します。

美術館で教養を深めた後は、構内のおしゃれなカフェで、美味しいコーヒーを味わってはいかがでしょうか。

いざ出発!まず向かう先は東京スカイツリー!

旅行者17

東京駅を出発して最初に行く目的地は、墨田区にある東京スカイツリーです。国内で最も高いタワーとして、もうお馴染みですよね。この全長約600メートル以上もあるタワーの魅力といえば、やはり2つの展望台でしょう。

第一展望台にあたる「東京スカイツリー天望デッキ」の中には、さらに重層的に3つのフロアで分かれています。まず低層階の「フロア340」の見どころは、ガラス床から眺める足元の風景でしょう。ちょっと怖い気もしますが、ガラス床に立ちながら、足元に見えるタワーの鉄骨や、小さく見える街並の風景と一緒に、迫力満点の記念写真を撮影するのがおすすめです。

次に中層階の「フロア345」には、レストランやオフォシャルショップがあります。レストランでは地上345mの開放的な景色を眺めながら、和テイストな最高級のフランス料理を堪能できます。またオフィシャルショップでは、ここでしか手に入らない限定商品が充実。

素晴らしい体験を忘れないように、思い出に残る記念品を見つけてみてはいかがでしょうか。さらにもう1つ上の階へ登ると、「フロア350」が現れます。ここで目を引くのが、「江戸一目図屏風」です。江戸時代の絵師である、鍬形恵斎によって描かれたもので、目の前に広がる東京の風景と比べながら、当時の江戸の全体像をうかがい知ることができます。

そしてこのフロアへ訪れたら、必ず天望回廊チケットカウンターへ立ち寄りましょう。実は展望台はここで終わりではありません。このカウンターでチケットを購入すれば、さらにここから約100メートル上にある、第二展望台の「東京スカイツリー天望回廊」へ行くことができます。

エレベーターで第二展望台の天望回廊へ入ると、重層的な2つのフロアのうちの1つ、「フロア445」が現れます。ここにはガラス張りのフォトスポットが常設されており、絶景を背後にしながら、思い出に残る記念の1枚を撮影することができます。

そこからスロープ状に伸びる回廊を歩いて行くと、最上階である「フロア450」へ至ります。ちなみに回廊もガラス張りなので、まるで空中散歩をしているかのような気分を味わえるでしょう。「フロア450」では、「ソラカラポイント」と呼ばれる演出空間を楽しめます。

光とガラスによって演出された空間で、宇宙のような浮遊感や、円い地球の姿を体感することができます。

ランチは虎ノ門の一流ホテル!本格的な洋食を堪能しよう!

東京観光のバスツアーを選ぶ際には、ランチの充実度も大事なポイント。料理の内容はもちろん、食べるシチュエーションも重要になります。この点、虎ノ門にある一流ホテルをランチ場所に設定しているような、グルメ重視の観光コースであれば、まさに理想的と言えるでしょう。

そんな場所ならば、プロフェッショナルな熱加減で仕上げたローストビーフに、じっくりと煮詰めたグレービーソースをかけて、絶妙な味覚のハーモニーを体験できます。

また旬のフレッシュ野菜が充実したサラダバーでは、シェフの創作ドレッシングと一緒に、好きなだけ野菜を味わうこともできます。さらにヘルシーなセットメニューの場合、メイン料理の温野菜あるいは蒸し野菜に加え、野菜の煮込みスープや高級フランスパンも味わえます。

このように東京観光のバスツアーの中には、一流ホテルならではの落ち着いた雰囲気の中で、本格的な洋食を体験できるコースもあります。グルメ重視派の方には、見逃せませんよね。

(虎ノ門のホテルでランチバイキングは楽しめる?)

東京観光の定番といえば東京タワー!

東京のシンボルといえば、東京タワーをイメージする方も多いはずです。バスツアーのコースにおいても、東京タワーを入れているものが数多くあります。実際に、赤と白の横縞で塗装され、高さ300メートル以上のタワーがそびえ立つ姿は、とても印象的。

夜にはライトアップされ、タワー全体が幻想的に浮かび上がります。地上150メートルの「メインデッキ」と呼ばれる大展望台へ登れば、大都市の壮大な景色を立体的に楽しむことができます。またこのフロアには、東京23区内で一番高い場所にある、「タワー神宮」が鎮座します。

恋愛成就や家内安全あるいは合格祈願のために、このユニークな神社には大勢の観光客が参拝していきます。さらに事前予約をすれば、地上250メートルのトップデッキツアーにも参加可能です。このフロアには、東京タワーの建設風景や、新旧のタワーの姿を詳しく紹介した「タワーギャラリー」があります。

またドリンクやフォト撮影サービスのあるリラックス空間「プラットフォーム」や、お土産に喜ばれる品々をそろえたオフィシャルショップなど、絶景の見えるフロアで充実の時間を過ごせます。

人気の迎賓館赤坂離宮本館を見学しよう!

東京には数多くの観光スポットがありますが、「迎賓館赤坂離宮本館」もぜひ訪れたい名所の1つです。

1909年(明治42年)に東宮御所として建設された、ネオ・バロック様式の豪華絢爛な建物は、まさに見応え抜群。また迎賓館の西門から入ると、中央に噴水池がある美しい主庭を眺めることができます。

さらに事前予約をすれば、専門スタッフが案内するガイドツアーへ参加が可能。和風別館の中に入り、主和室や即席料理室をはじめ、茶室や和風庭園など、普段は見ることのできない特別な空間を堪能できます。この素晴らしい体験をするならば、「迎賓館赤坂離宮本館」を見学できるバスツアーに参加するのがベストです。